都賀町

*参考サイト 日本を歩きつくそう 

細井城(都賀町家中字宿) 

 細井城は、光明寺の敷地内となっているので、光明寺城とも呼ばれる。光明寺のある方80mほどの郭を中心とした平城である。城の周囲には高さ3〜5mほどの高い土塁が取り巻き、周囲には深さ5m、幅7mほどの堀が取り巻いていた。

 鳥瞰図は北側上空から見たものである。北東の隅には櫓台といってもよさそうな土塁の高い一角があるが、北東方向なので、ここには鬼門除けの祠か何かが祭られていたのかもしれない。

 この外側にも外郭部があったと思われる。この周囲の部分については、だいぶ破壊されているので旧状を完全に復元することはできないが、外堀があったことは間違いないであろう。

 (あ)の辺りに土塁の切れがある。後世のものかもしれないが、ここを入っていくと、両側が少し窪んでおり、堀の跡のようにも見える。一見、この辺りが三重の堀になっていたのかとも思われるのであるが、よく分からない。それよりも、主郭部の堀は(い)の内側辺りではかなり埋められているようで、現状ではただの道になっている。この部分の堀を埋めるために、外郭の土塁が崩されて用いられたりしたであろうし、(い)の辺りの窪みも、その際に土取りをされた跡なのかもしれない。

 外堀は東部分では、途中から墓地になっていて失われている。一方西側は小学校の敷地となって、これまた失われている。小学校の建っている所も城内であったといわれるので、ここにも1郭があったのであろう。

 また主郭部の50mほど東南側には、宅地の脇に土塁と堀の名残とも見える地形がある8う)。この辺りも遺構であるのかもしれない。このように外郭部は大分破壊されてしまっているが、主郭部はよく残っており、とくに東北部の櫓台はとても見ごたえがある。







 (え)の辺りから郭内を見た所である。写真左側に見えるのが、外郭部の土塁。この外側に堀が残っている。この中央の道を進んでいくと、主郭部の虎口がある。



















 主郭部北の虎口の脇に残る堀(お)。もともとは水堀であったろう。深さ6m、幅10mほどである。


















 外郭部東側の土塁。「禁猟」という札が建っている。しかし、こんな平野部で猟銃をぶっ放す者がいるのか・・・・。下野はなかなか恐ろしいところよのう・・・・。



















 上の「禁猟」の北側には入口があるが、虎口と呼ぶにはちょっと小さすぎるようでもある。



















 上の虎口(?)を入った所にある堀の跡のような地形。これが堀であるとすると、北側の郭外からは、堀、土塁、堀、郭、堀、土塁という三重構造ということになるが・・・・・。


















 主郭部北東の櫓台。削られた部分もあるが、かなりきちん残っている。この部分の遺構が最も大きく、大手は、こちらの方向にあった可能性もある。

















 主郭部南側の虎口。光明寺の入り口である。













 

 細井城は弘治年間に細井駿河守光明によって築かれたという。しかし、永禄3年、壬生上総介義雄によって攻め滅ぼされたという。光明寺の寺名は、この「光明」から取ったものなのかもしれない。

 それにしても、下野にはこの手の平城が多いなあ。平城から発展した戦国城郭もたくさんあるI。こういうのが下野の城の特徴の1つなんだろうなあ。下総に住んでいると、城というのは洪積台地の上に築くものだといった固定観念があるが、いろいろな地域を回ってみると、それぞれの地域性が比較できておもしろいものだ。
























大竹屋旅館

Ads by TOK2