視聴にはQuickTimeを使用ください。
上記Appleのサイトから無償ダウンロードできます。

このコーナーは全てSANYO製デジカメ「MZ2」で撮影したものです。


’03乗鞍ツーリング 2

2日目、登るぞ。
今年から一般車両通行止めなので、
観光センター前からシャトルバスに乗らなければなりません。
6時から1時間おきに出るんやけど、御来光バスが3:40にあるんです!



「御来光バス」

チョット早め(3:20)にバス停に並んだので座れたけど、
立ち乗りも出る
満員のバス!
低い朝霧を抜けたーとおもったら、
その上にさらに分厚い
雲雲雲



「道路最高所2715m」

エコーラインを登り切ったゲート前に到着。
御来光の名所なんやけど、
ガスって何もみえねーよ
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!



「待つ人々」

みなさん、カメラを構えて、ガスが晴れるのを待っています。
オイラは
ここで待たずに山頂へ向かうことに・・・



「富士見岳より」

・・・って、登りかけたら、
上が明るいので、富士見岳の斜面に上がると
すぐガスを
抜けました。
「待つ人々」の居る所をガスが
滝のように
流れ落ちていくのが幻想的です。



「御来光」

でもここも御来光のタイミングで薄っすらガスってしまいました。



「肩の小屋」

ここまでは広い砂利道です。



「雲を抜けて」

肩の小屋から急斜面を登ると、完全に雲を抜けました。



「キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!」

そして、反対側に、ブロッケン現象が現れました!
初めて見たよー(゚д゚)ウマー

参考HP:「コックちゃん」



「山頂方面」

後チョット、がんばろーOh!



「登頂しました」

雲海すげー



「雲の海の島」

北に槍島穂高島、南に御岳島、どっかに船は見えないかな?



動画「雲の地平線」へ
13MBあるのでダウンロード1Mbpsで1分44秒かかります。
64Kbpsだと27分かかります。

MOV動画(640×480:15fps)です。



QuickTime VR 「雲の地平線」へ
動かすパノラマ写真です。
MZ2付属のパノラマ用ソフトで作成できます。



「下山」

雲海を満喫して降りていくと、
6時バスや山小屋泊りの人々が、
ワラワラと登ってきました。
先に上ってラッキー



「チングルマ(白)とコイワカガミ(紅)」

オイラ、高山植物に詳しいわけではありません。ネットで調べただけっす。
この写真は壁紙サイズ(1024*768)です。欲しい人はどうぞ。



「・・・調べるの止めた」

白いのもチングルマじゃありません。



QuickTime VR 「畳平」へ
動かすパノラマ写真です。
MZ2付属のパノラマ用ソフトで作成できます。



「ガラガラの畳平」

駐車場はガラガラ、去年までが信じられません。
土産物屋は
全部営業してるけど、商売になるのかな?
でもね、今回バスで登ったけど、渋滞がないから
時刻表通りに着くんだよね。
これって
本来の姿だと思うのよん。観光予定・登山計画が狂わないし。

尾瀬みたいに、バス・タクシー・バイク可だとライダーはウレシイけど、
空いてたら、バイクの
無謀運転する奴が必ずでると思うのねん。
尾瀬は走りどころがないから、
単純に渋滞対策でバイク可なんだろね。

そしたら、自由にスカイラインを楽しむことはもうできないのか?

出来ます!それはチャリ!!

去年まではスカイラインはチャリ通行禁止だったらしいですが、今年から解禁!
バスからもエコーラインを登るチャリ(すげー体力!)をたくさん見ました。
えっ!んな体力無いって・・・
オイラも同じ

だからバスに積んで登りましょう(笑)松本電鉄バスに問い合わせたら、
輪行バッグに入れたものなら
積み込み可との回答を頂いております。
畳平からスカイラインの
平らな辺りを往復して、
エコーラインを下るのが
(・∀・)イイ!と思います。




前へ  次へ



一番館TOPに戻る

一番館日本全国に戻る

三番館TOPに戻る

02年乗鞍へ



Ads by TOK2